診療内容

当センターでは、眼科の専門的な診断・治療・手術を行っております。
白内障、緑内障、角膜疾患、視力低下、ドライアイ(乾性角結膜炎)、網膜疾患など様々な眼のトラブルに対処いたします。 眼の疾患の多くは、早期発見・早期治療が重要となりますので、早めの対応をお願いいたします。
診察はかかりつけ動物病院からのご紹介に限らさせていただきます。

白内障

白内障は目の中の水晶体が白く濁る病気です。初期段階では目立った症状は示しませんが、症状が進行すると視覚障害を起こします。また白内障を治療せずに放置すると、ぶどう膜炎や緑内障といった合併症の発症リスクが高くなります。治療方法は手術がもっとも効果的で、適切な時期などをしっかりプランを立てて行います。

緑内障

正常、眼球では毛様体と呼ばれる組織から液体(眼房水)が産生されております。この眼房水は、眼球の組織に必要な栄養の供給や眼球の形状を保たせる役目があります。
眼房水は眼内で常時産生される一方で、一定量眼外へ排出されて一定の眼圧が保たれていますが、何らかの原因により眼房水の流出が阻害されると液体量が増加し、眼内の圧力が上昇します。眼圧の上昇が長期に続くと視神経に永久的なダメージ与え失明を起こします。
症状としては、眼の激しい痛み・白目の充血・黒目の混濁および失明です。主な治療法は点眼の内科治療や外科手術となります。また、視覚の回復の可能性がない場合でも眼圧が高いままでは眼の痛みは続き、眼球が大きくなってきますので、それに対する治療が必要となります。

ドライアイ(乾性角結膜炎)

涙の分泌量が少なくなったり、質が悪くなったりすることで目が乾燥し、結膜や角膜が炎症を起こす病気です。ベタついた目やに、白目(結膜)の充血、角膜の色素沈着などがある場合はすぐに獣医師にご相談ください。重度のドライアイは失明につながります。

角膜びらん・角膜潰瘍

角膜潰瘍とは、簡単に言うと角膜の傷のことです。角膜は4つの層になっており、表面の層を上皮、次に実質、デスメ膜、内皮となっています。角膜びらんは一番外側の上皮のみを傷つけた状態で、この程度であれば点眼や内服で治癒可能です。
上皮を失った状態を角膜潰瘍と言い、重症の場合は手術が必要になります。

ぶどう膜炎

ぶどう膜は虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの組織からなり、この組織に起る炎症のことをぶどう膜炎と言います。原因は様々あり、感染症、腫瘍、外傷、角膜の炎症などから起こる場合があります。ぶどう膜炎が進行すると緑内障や網膜剥離になって失明することがあります。